いつかは持ちたいゴールドカードプラチナカードまとめ

 

クレジットカードと言えば、多くの人が「一般カード」を保有し、使っています。ほとんどの一般カードは年会費が無料で、審査の基準もそんなに高くはなく、定時収入があればパートでも持てるカードがあるほどです。

その上位カードとして「ゴールドカード」や、「プラチナカード」があります。どちらも万単位の年会費が必要で、審査は厳しく、持てる人は限られています。だからこそ、ゴールドカードへのインヴィテーションが届いているなら、または相応の年収や属性があるなら、前向きにゴールドカードを持つべきなのです。

ゴールドカードを持つ意義や付帯サービス、そしてさらに上位の「プラチナカード」を目指すためのポイントに至るまで、詳しく紹介します。

年会費有料のゴールドカードを持とう

せっかくカード会社からインヴィテーションが届いていたり、持てる条件はクリアしていても、「年会費がかかるから」という理由でゴールドカードを持たない人が結構います。現金の代わりに使うのに無駄なコストはかけたくない、というのが主な理由でしょう。

確かにほとんどのクレジットカードは年会費さえかからなければ、ポイントが付与される分だけ現金で買い物するよりもお得です。けれども年会費がまったくの無駄かというと、そうでもありません。

例えば、年会費1万円以上のゴールドカードは付帯サービスが豪華です。海外旅行が便利で快適になったり、専用デスクを利用したチケットの手配などを受けられます。そういったアミューズメント系のサービスと縁が無くても、ポイントの還元率やマイルの獲得率が向上したり、本来は有料である会費が無料になるなど、これらの付帯サービスを利用するだけでも年会費の元は十分に取れます。

つまり、相応の年会費を支払うことで、一般カードのお得感に加えて、ひとクラス上のサービスを受けられるのです。その充足感の高い内容を一度経験すると、二度と一般カードには戻れなくなるでしょう。

もう一つ、ゴールドカードを持つべき大きな理由として、「ステータスの証明になる」というのがあります。年会費の高いゴールドカードは、限度額も一般カードと比べてずっと高くなります。例えば一般カードは20万円から高くても50万円ですが、ゴールドカードになると50万円以上から、高いものになると300万円まで使えます。国産の乗用車のほとんどが、クレジットカードで買えてしまうほどなのです。

それだけ高額の買い物ができるということは、当然それなりの収入があるからです。けれども収入というのは、収入証明書を提示しない限り、周囲に分からせることができません。高級ブランドの衣服や高級腕時計を身につけ、高価な車に乗っているからと言って、金持ちであるとも限りません。ローンで背伸びしている可能性もあるからです。

ゴールドカードは、その人が高額所得者であることを証明するステータスになります。普通に暮らしているとあまり馴染みはありませんが、VIP向け会員サービスはゴールドカードの保有が一つの条件になっているところが多くあります。また、海外では収入の多い少ないがサービスの良し悪しに大きく関係します。満足にサービスを受けようと思ったら、ゴールドカードは欠かせないのです。

ゴールドカードはいつまでも作れるものではありません。例えば退職後は安定した収入が無くなるため、ゴールドカードはもちろん、新たに一般のカードを持つことさえも難しくなります。せっかく自由な時間を使って海外旅行やゴルフ、観劇などを楽しみたいのに、ゴールドカードが無かったばかりに、満足できなかったとしたら、もったいないでしょう。

インヴィテーションが届いた人は、カード会社からゴールドカードを持つのにふさわしい人と見なされているのです。カード会社のお目に適ったことは、あらゆる場面で偉大な効力を発揮します。選ばれたのに作らないなんて、とてももったいないことなのです。

ゴールドカードを活用できる人

ただし、ゴールドカードは「年会費」というコストが発生するため、せっかく持ったとしても付帯サービスを使わないのであれば、あまり意味がありません。ゴールドカードを持つべき人の基準をいくつか挙げてみましょう。

海外へ行く機会が多い

プライベートや出張など、海外へ行く機会が多い人は、ゴールドカードの付帯サービスで多くのメリットを享受できます。マイルの貯めやすさから空港ラウンジの利用、様々な保険、もちろん現地で十分なサービスを受けるためにも必要です。

一般カードで年間50万円以上使っている

ゴールドカードを利用することで、限度額が100万円単位へ大きくアップして、カードの利用範囲が増えます。もちろんゴールドカードを持つ条件をクリアしているなら、旅行や買い物など高額の出費も多いはずなので、限度額に余裕があれば使い勝手が向上するでしょう。

イベントを楽しみたい

ゴールドカードを持つと、会員用の専用デスクを利用できます。取るのが難しいチケットの手配やレストランの予約など、専用デスクを通すことで可能になる場合があるのです。時には困った時のセカンドオピニオンにもなります。

ステータスを証明したい

前述のとおり、ゴールドカードは持ち主のステータスを証明します。特に個人事業主や自営業など、会社勤めと比べてアピールポイントが乏しい面をゴールドカードがカバーしてくれます。取引においても大きな信用となるでしょう。

これらのどれか一つでも満たしているなら、高い年会費を払ってでも、ゴールドカードを持つメリットがあります。思い立ったらすぐにでも申し込むべきでしょう。

特に海外旅行でのメリットが大きい

年会費が税抜きで1万円以上のゴールドカードには、多くの付帯サービスがあります。その中でも海外旅行をサポートしてくれる様々なサービスや補償は、プライベートだけでなく、出張で海外に行く機会が多い人にとっても大きなメリットがあるのです。

高額の旅行傷害保険

ゴールドカードは高額の旅行傷害保険が付帯されます。カードにもよりますが、5,000万から1億円の死亡・高度障害時の補償が受けられます。カードで旅行代金を支払わなければ受けられないのではなく、カードを持っているだけで自動付帯されるのです。また、入院費用を最大300万円、携行品の被害を最大100万円まで補償してくれるカードもあります。

特に海外は日本と違って保険が効かず、実際にかかった治療費が何の割引もなく請求されます。手術や入院まですると、100万円以上請求されることもあるのです。ゴールドカードが補償してくれるなら、万が一の時も安心でしょう。もちろん、海外ほどではありませんが、国内旅行も補償してくれます。

空港ラウンジの利用

空港ラウンジとは、各空港や航空会社による待合スペースで、誰でも利用できる共用スペースと比べると、静かで居心地が良いのが特徴です。例えば座席はソファだったり、無料でドリンクを楽しめたり、新聞や雑誌を読むことができます。

通常、空港ラウンジを利用するには年間50回以上飛行機を利用するほどの、航空会社の会員でいる必要があります。これをゴールドカードの持ち主というだけで利用できるとすれば、年会費の負担なんて全然軽いと思えるでしょう。

カードによっては、JALだけ、ANAだけ、特定の空港だけと内容は様々ですが、中には「プライオリティパス」という世界中の空港のラウンジを利用できる権利が付帯されているゴールドカードもあります。

プライオリティパスの会費は、

  • 年会費99ドルで、常に27ドルでラウンジを利用できる「スタンダード」
  • 年会費249ドルで、年10回まで無料、以降は1回27ドルで利用できる「スタンダード・プラス」
  • 年会費399ドルで使い放題の「プレステージ」

と、3つのクラスがあります。本来はプラチナカードで「プレステージ」と同等のサービスを利用できますが、ゴールドカードでも利用できるものがあるのです。399ドルと言えば、日本円で約50,000円ですから、いかにお得か実感できるでしょう。

海外旅行でのトラブルに対応した補償

海外旅行には様々なトラブルが付き物です。例えば航空機が遅延して余計な滞在費が発生したり、乗継の飛行機に間に合わなかったり。または、海外で誰かに襲われてケガをするなんてことも無いとは限りません。ゴールドカードの中には、そういった「航空機遅延保険」や「犯罪被害保険」を付帯しているものもあります。

ホテルや旅館のアップグレード

ゴールドカードの中には、会員になるとホテルグループの上位会員と同じ資格を得られるものがあります。これにより、貯まったポイントで無料宿泊券を獲得できるほか、同じ料金でも部屋のグレードを上げてくれるのです。

ショッピング保険の充実

ゴールドカードで購入した商品を一定期間の間に壊してしまったり、盗難されてしまったら年間一定額までを補償してくれます。ペットやスマートフォンなど一部対象外の商品もありますが、安心して買い物ができるでしょう。

不正使用の補償

例えばインターネットでカード情報を盗まれたり、海外でスキミングされるなどして、不正使用された場合も、一般カードでは自己責任として補償の対象外となるのがほとんどの中で、ゴールドカードであれば全額補償してくれるものもあります。

ゴールド会員専用デスクによる日本語でのサポート

カードによっては海外の主要都市に専用の窓口を設けて、会員の海外旅行を日本語でサポートしてくれるサービスがあります。カードを紛失した時の再発行や、急病時の医療機関の案内、現地の観光やレストランの紹介まで幅広く対応してくれます。

お得なサービスで元を取る

海外旅行に行く機会が無くても、普段使う様々なサービスにおいて、ゴールドカードの会員ならではの割引や、ポイントの優遇などを受けることができます。海外旅行による付帯サービスと比べれば地味ですが、買い物でカードを使う機会が多ければ、お得度は高まるでしょう。

マイルの獲得がお得になる

航空会社のゴールドカードは、保有しているだけで上級会員のステータスと同等の優遇を受けられます。上級会員の資格は通常であれば年50回以上の搭乗を目処として、取得できるものです。

また、本来であればクレジットポイントをマイルへ移行するには手数料がかかりますが、ゴールド会員であれば、この手数料が無料になり、ボーナスマイルも付与されます。年会費を支払うことによって、無料で飛行機に乗れる機会が増えるでしょう。

別の年会費が安くなる

例えば流通系のカードであれば、自社で運営しているサイトの特別会員の年会費が無料になるところがあります。先ほどのプライオリティパスほど年会費の元は取れませんが、カードとサービス両方の年会費が含まれていると考えれば、そんなに高く感じないでしょう。

ポイントが優遇される

ゴールドカードの多くは、買い物で付与されるポイントが通常の2倍となり、その分還元率が向上します。誕生月など、会員ならではの特別な状況において、3倍から5倍へと増える時もあります。

ゴールドカードを手にするまでの道のり

ゴールドカードを手にするには、一定の条件を満たしている必要があります。一般のカードのように、安定した収入があれば持てるというわけでもないのです。

年会費無料だったり、若者向けのゴールドカードであれば審査は緩めになりますが、1万円以上の年会費がかかる一般的なゴールドカードは厳しい基準をクリアしなければいけないでしょう。

ゴールドカードの取得は、カード会社から「インヴィテーション」を貰うのが一番の早道です。インヴィテーションとは、カードを積極的に利用し、しっかりと返済している優良顧客に対し、上位カードの作成を案内する郵便物です。

一般的には、年間の利用額が一つの目安になりますが、同じ金額を利用するにしても日々の買い物や光熱費といった小さい出費を重ねていくよりは、数万単位の商品を購入する機会が多い人に届く傾向があるようです。家族カードを登録し、家族ぐるみで使っていれば、もっと早くインヴィテーションが届くかもしれません。

また、買い物だけでなく、一般カードに付帯するサービスを積極的に利用すると、さらに上位のサービスを受けるために、ゴールドカードを勧めてくる場合もあります。

このようなクレジットヒストリーの積み重ねがインヴィテーションの判断基準となります。当然、返済が遅れたり、利用料金の引き落としができないなどの金融事故は大きなマイナスです。

もちろん、登録されている会員情報の属性は重視されますが、ある程度カード会社との間に信頼関係が築かれていると、クレジットヒストリーの印象がインヴィテーションを送る基準を大きく左右するかもしれません。

インヴィテーションが届いたら、必要事項を記入して申し込むだけで、追加の審査無しで確実にゴールドカードを受け取れます。そのため、新規で申し込むよりはずっと簡単に手にすることができるでしょう。

ゴールドカードは新規での申し込みも受け付けています。ゴールドーカードを持つのにふさわしい人物を会員として取り込むためです。けれども、そのふさわしい条件をクリアするのは思った以上に難しいのです。

例えば、一般カードと同じ「安定した収入」と書かれていても、その目安は年収で400万円以上から、中には800万円以上を求めるゴールドカードもあります。当然、属性も重視され、勤務先や勤続年数、持ち家の有無など厳しくチェックされます。

言うまでもなく、過去に何らかの金融事故があると断られてしまいます。他の借り入れや現在進行中の大きな返済があるのも印象は良くないでしょう。新たな借り入れの可能性を感じさせないように、使わないクレジットカードやカードローンは解約した方が、審査に通りやすいという話もあります。

闇雲にゴールドカードを申し込んでは断られていることを繰り返していると、後で申し込んだものほど、お金に困っているとみなされて審査は不利になります。複数のゴールドカードを検討しているなら、持つのが難しそうなものから、トライすると良いでしょう。

それだけの労力を考えれば、やはり一般カードから実績を積んでインヴィテーションを貰う方がずっと簡単です。もし利用したいゴールドカードのブランドがあるなら、まずは一般カードを作るところから始めましょう。

ゴールドカードの次はプラチナカード

ゴールドカードの上には、さらにプラチナカードがあります。年会費は3万円からとなり、高いものになると13万円ほどかかるものもあるのです。限度額は300万円以上となり、中には1,000万円まで買い物ができるプラチナカードもあります。

プラチナカードの付帯サービスはゴールドカードよりもさらに豪華です。特に注目すべきは「コンシェルジュサービス」でしょう。これは会員の右腕として、様々なサービスを提供してくれるものです。

例えば、航空券やホテルの予約、海外出張であれば現地におけるランチやディナーの会食リストの作成、時には日程と希望を伝えれば海外旅行のプランすべてを計画してくれるほどです。もちろん利用できるホテルは一流で、提供される部屋も最上級です。レストランは予約が難しいところでも簡単に取ってくれるでしょう。

プラチナカードによっては、チャーター便を予約できて、就航路線のない空港までフライトできるサービスもあります。

何故、ここまでのサービスが必要なのか疑問に感じるかもしれませんが、プラチナカードを持つような人は、会社の経営者など多忙な人たちばかりです。そのため何よりも「時間」が大切にします。

プラチナカードのサービスは、このような忙しいビジネスマンの手間を少しでも省き、本来の業務に専念できるのをサポートする役割もあるのです。そのため、年会費は高くなりますが、利用する側にしてみれば十分に元は取れているでしょう。

プラチナカードもゴールドカードと同様、インヴィテーションで手にすることができます。ただし、買い物の額も桁違いになりますし、ゴールドカード以上に属性などのステータスを重視されます。一般的にプラチナカードの会員は年収1,000万円以上が多いのです。

裏技としては、他のプラチナカード会員から紹介してもらう方法もあります。もちろん、その会員との同等のステータスは欲しいところです。最近では新規に申し込めるプラチナカードもありますが、そのハードルはゴールドカードよりもずっと高いものだと覚悟した方が良いでしょう。

さいごに

年会費無料でクレジットカードを使うことになれていると、ゴールドカードやプラチナカードの年会費はとても高く感じられます。けれども、年会費に応じた限度額やサービスを提供しており、それはまたカードを持てるくらいの年収やステータスがある人をサポートしてくれます。年会費を払うだけの価値は十分にあるのです。

何よりもサービスの内容は一般カードよりも飛躍的に向上し、クレジットカードを利用する上での安心感も与えます。会員の中には、一度上位カードのサービスを受けてしまったら、二度と一般カードには戻れないと言う人がいるほどです。

申し込む時には、ただ憧れで持つのではなく、自分にとってメリットのあるサービスを提供しているか、しっかりと確認すべきです。いくら高い年会費を支払ってゴールドカードやプラチナカードを持てたとしても、サービスを利用する機会が無ければ、損をしてしまうでしょう。

持ちたいゴールドカードが決まったら、あとは時間をかけて一般カードで実績を積み、インヴィテーションを待つだけです。同時にゴールドカードを持つのにふさわしい人物になりたいと意識するようになって、仕事やプライベートの過ごし方が変わってきたら、これもまた高い年会費を払う以上の投資となるでしょう。